リンク集

外房物産協同組合のホームページへようこそ


外国人技能実習生との共生と共創が新たな未来を生みます。



実習生の人材育成は組織の活性化と成長に貢献します。

外国人実習生を受け入れている企業様のセカンドオピニオンとしても、お気軽にお問い合わせください。

新着情報

  • 2021年07月01日
    新型コロナの発生で昨年の3月以来続いている日本を含めた各国の入出国制限が1年以上にわたり、実習生事業にも想定していなかった問題が多数発生しております。 殊に厄介な状況は、「帰国前のPCR検査が陰性となり、飛行機が確保できても帰国が出来ない。」と言うものです。 在留資格は何とか延長しても、働くことが出来ず収入が無く、更には居住する場所を確保するのも難しいと言う状況が少なからず発生していると思われます。 受入企業様においては、帰国者が徐々に出る一方で新規実習生の受入が進まず、業務に影響が出ている会社等もあるようです。 従って、今まではごく限られたケースでしか見られなかった、特定技能として受け入れが可能な企業を探す、と言った問い合わせが発生しています。 一方、帰国できても従来無料であった入国後の隔離生活の経費が自己負担に変わった国もあるようで、色々不都合な事態が生じています。 国内でも本格的にワクチン接種が進み始めましたが、落ち着くまでにはまだまだ時間がかかりそうです。 こんな状況下ですから、企業様も実習生も正しい情報を基に不要な不安を持つことなく実習を進めていただくことが大切ではないでしょうか? 不明な事がありましたら、遠慮なく当監理団体にお問い合わせください。 組合報39号が出来上がりましたので、ご覧ください。
  • 2021年06月04日
    日本国内でもやっとコロナワクチンの接種がスタートしましたが、東南アジア諸国ではまたコロナ拡大が始まり入国制限が一段と厳しくなりました。 日本に居る実習生にとってもなかなか厳しい環境が続き、当然のことながらコロナに感染した実習生も出ています。 殊に、帰国を目前にしながらPCR検査が陽性となった実習生は大変です。 飛行機の便が極めて少ない状況下で、PCR検査が陰性となり医師のお墨付きが出ない事には飛行機に乗れないのですから。 又帰国しても、2週間~3週間にわたる強制隔離が待っています。 こんな中で、特別な理由で帰国を急がねばならない状態になった実習生もいて、組合は今まで以上に実習生支援に追われています。 実習生を受け入れられている企業様においても、計画的な実習生の入れ替え等が進まず困っておられる企業様もおいでです。 このような厳しい社会環境下にあるからこそ、今まで以上に実習生とコミニュケションを取り、安定した実習生生活を送れるように支援を頂きますようお願い申し上げます。 とは言え、やはりオリンピック・パラリンピックは開催されるのでしょうね・・・ ここ数カ月休んでしまいました組合報38号が出来上がりましたので、ご一読ください。
  • 2021年03月01日
    日本海側や東北・北海道ではまだまだ雪がつづきますが、こちら房総では梅が咲き鶯の初音も聞かれ、 まさに「三寒四温」の言葉通りに春が近づいてきました。 新型コロナのワクチン投与もいよいよ始まり、こちらも春到来と期待して良いのでしょうか? 期待の持てる変化が訪れて欲しいものです。 組合報35号をお届けします。
  • 2021年02月04日
    残念ながら3月7日迄緊急事態宣言が延長されました。 後1ヶ月の緊急事態環境で感染拡大が収束する事を願うばかりです。 新規感染者数はPCR検査の検査数が大きくなれば増加し、減少すれば小さくなるのは当然で、 本来は重症者数の推移が一番注目すべき数値です。 やむを得ない事とは言え、実習生にとっても企業様にとっても厳しい環境が続きますが、 当組合も監理団体として出来る限りの支援をさせていただきます。 皆様も十分にご注意ください。 当組合の組合報2月版を下記に掲載いたします。
  • 2021年01月04日
    令和3年明けましておめでとうございます。 COVID-19は無論のこと、アメリカの新大統領やイギリスのEU離脱等々様々な不安定要因に取り巻かれてスタートした2021年ですが、少なくとも外国人技能実習制度の正常な運用が可能となる環境を望むばかりです。 しかし外的な環境の影響や制限があるとは言え、2021年をどんな年にするかは私たち次第。 頑張って、未来を切り開きましょう。 組合報33号をご覧ください。